今日から資産運用するなら! 低リスク編

こんばんは、びゅーね(@beaune3)です。

 

アドセンス申請してから間も無く3週間経ちますが、一向に合否の連絡くれません。どんだけどSなんですか、グーグルさん?

まぁ連絡なんてただ待ってるのも時間の無駄なんで今日は私が実際に行なっている資産運用 低リスク編 を書いてみます。

 

最初に言っておきますが、投資や資産運用に絶対は在りません。どんなに低リスクでも取りたくないのならばしない方が賢明です。

 

日本株

 

はい、見出しに書いた様にそのまんまです。株。

株式の売買がどうして低リスクなんだ!とお叱りを受けそうですが、株は株でも、IPOってやつです。

では簡単に説明していきます。

 

IPOとは?

 

IPOとは、initial public offering の略で新規上場株式とか新規公開株と言われています。

当然、まだ上場していないので値段が付いていません。どこで値段が決まるかと言うと、それは上場日なんです。

値段が付いていない株がどうして上場日に値段(価値)が決まるの?ってなりますよね?

ここから取引の基本である安く買って高く売るカラクリを書いていきます。

まず、なぜこのIPOが低リスクかと言うところを説明していきますね。

 

IPOの仕組みと流れ

 

日本のIPO実績は年間100〜200件在ります。毎年そのぐらい上場しているんです。

まず企業が自社の株式を市場に公開して資金を広く集める為に上場します。その為には証券会社に委託して公募価格を決めるんです。

ですが、証券会社に割り当てられた枚数は決まっていて評価の高い企業の株は大抵抽選になります。その抽選に当選した人だけが

公募価格で購入できます。

わかりやすく説明するとA社の公募価格が1000円になったとします。上場日の初値が2000円になった所で売却したら1000円利益ですね。

ほとんどの株は100株なんで、10万で買った株が20万で売却出来たと言う事で10万の利益になります。

 

IPOを狙う理由

 

株の売買だけだったら現物株を売買しても一緒では?と思うかもしれませんが、違うんです。普通の売買だと儲かるか損するかでしょ?

IPOの場合はほとんど公募価格より初値の方が高いんです。(全てのIPOが高くなるわけではない)

私の経験上では8〜9割は高くなります!

公募価格で買って初値で売るだけ! ね?簡単でしょ?

ですが、誰でもみんなが買えるってわけではないんです。さっきも書きましたが、人気のIPOはまず抽選になります。これに当選することが1番の条件になります。

そう言う事で抽選に当たればまず利益が出ますし、当選しなければお金も減らない!ここ、大事です。

 

びゅーねは今までにIPOで当選した銘柄で損したことは在りません。

 

まとめ

 

一年のうちそんなにIPOあるのならチャンスは多いと思いますが、やはり1番の障害は抽選に当たることです。

ここさえクリアすればほとんど儲ける事は確定です。本当に銀行に貯金したままで利息もあるかないかわからない貯金をするぐらいなら

証券会社の口座を作ってIPOした方がいいと思います。だって、抽選するのにお金かかりませんから!

抽選に漏れてもお金減る事ないし、当たれば夢もみれますw

ちなみに今年2018の4月20日に上場したHEROZって株ですが、1株4500円の公募で

 

49000円! って初値つきましたから!

 

公募で買って初値で売れば約10倍    45万で買った株が490万に変わると言う。。。

こんなお宝株買うのにどんな苦労があったのか?

 

抽選に当たっただけw

 

まぁこんな事は滅多に在りませんが、銀行にお金寝かしているだけじゃ絶対に巡り会えないでしょ?

 

簡単にざっくりと説明しただけですが、わかったでしょうか?

また銘柄の狙い方や当選率を上げる方法なども書いていきますのでお楽しみにしてください。

 

ではでは。

 

※ びゅーねは株式投資を勧めている訳では在りません。購入する最終判断は貴方になります。

リスク等理解して購入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です