MVNO・いわゆる格安SIM使ってます

こんにちは、びゅーね(@beaune3)です。

皆さんは携帯電話持っていますよね?大体の人が三大キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だと思います。

今ではキャリアの料金もだいぶ安くなって来ましたが、まだまだMVNOの料金まで追いついていません。

ですが当然メリット・デメリットも有ります。今日は節約・コスト削減の事についてその中でも携帯電話に書いてみようと思います。

 

MVNO・格安SIMとは?

 

知らない人からみたらなんじゃこりゃ?って名前ですよね。 直訳するとMobile Vitual Network Operator  モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーターの略です。

で、どういうことかというと自社では回線設備を開設・運用せずに、大手キャリアから回線を借りてサービスを行うって事です。

簡単にいうと、携帯電話の設備を運用するには莫大なお金が必要なんですね。そこでその設備を借りて携帯電話事業に参入している会社の事です。

 

格安SIMとは?

 

そのMVNOの会社が出してるSIMですね。 ほとんどの人は知っていると思いますが簡単にいうとSIMには個人情報が入っていて、そのカードを携帯にさす事で通話やネットが使えるようになります。

SIMフリーって言葉も有りますが、これは端末(携帯本体)がどこのキャリアのSIMでも使えますよって事です。

今ではほとんどの端末はSIMフリーになって来てますが、(一部期間有ります)ひと昔前はキャリアはSIMを縛っていたんです。

要はキャリアで新規登録・機種変更したらそこの会社のSIMしか使えない様にしていたんです。なんでかと言うと、長く契約してもらいたいから。

そこで2年縛りとかでお客を他社に取られない様にしてたんです。何年か前に総務省からの通達でやっとSIMフリーの流れに最近なって来ました。

 

MVNO・格安SIMのメリット・デメリット

 

メリット

 

当然有ります。メリットとしてはやはり料金が安い! そりゃそうですよね。 MVNOの会社からすれば設備の増設・保守メンテナンスに掛かるお金が要らないので価格に反映できるからです。

 

2年縛りがない事。基本的にMVNOはSIMしか渡しません。各自で端末は用意しないといけませんが、これ結構心理的に良いですよ!

びゅーねもドコモ使ってましたが、2年毎に携帯機種変してました。これってはっきり言ってキャリアの罠です。こうやってお客を離さない様にしているんですね。

 

プランの種類が多い。やはり通信費を年間に直すと結構な金額を使っていますよね?MVNOはキャリアにはないプランが多いのも特徴です。

びゅーねは通話は毎回10分無料で50ギガの契約してますが、キャリアだと凄く高かった記憶が在ります。最近ではキャリアもいろんなプランを出して来ていますね。

これからもどんどん価格競争して安くなって欲しいです。

 

デメリット

 

やはり一番に回線速度が遅くなる事です。全く使えないほど遅くなる事は在りませんが、やはり体感でわかるぐらいは遅くなります。

キャリアも当然差別化してます。キャリアは莫大な設備管理費が掛かるので同じ金額が回収できないのであれば通信速度を下げて業者に降ろす訳です。そうしないとお客をMVNOに根こそぎ奪われるかもしれないからですね。でも、この問題も今総務省が動いてるみたいなので近い将来無くなるのかな?と思っています。

 

料金の支払いがクレジットカード払いしかない。ここもゆくゆくは口座引き落としできる様になるんじゃないかな?

 

やはり基本はネットからの申し込みが多いので店頭で色々聴きながらでしか設定出来ない人はデメリットになるかな。

 

端末の保険が無い。 キャリアでは保険が掛けれますがMVNOは基本的に在りません。ネットで調べて掛けておくのが無難でしょう。(月額600〜) ほんと、なんでも無い様な時に不意に落としちゃうんですよね・・・

 

まとめ

 

今だと確実にMVNOが安いですね。でも気をつけないといけない事は通信費を節約しなくていい人(経費に使える人)は無理に変える必要ないと思います。

絶対にとは言いませんがキャリアの方が安定していますし、店頭も多いので何かあれば気軽にすぐ行けます。

ですが、びゅーねの家庭で計算するとドコモで毎月36000円/4台掛かっていたのが今では20000円/4台で約月16000円は浮いた計算になります。

1年だと192000円節約。結構な金額ですよね!

まだまだ節約できるところは見直して浮いたお金で家族とご飯行ったり旅行に行けたらいいなと思うびゅーねでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です